一覧へ戻る


分科会運営規則

掲載:2021.4.4




                       平成23(2011)年5月14日  改訂04
                       平成17(2005)年5月14日  改訂03
                       平成16(2004)年5月15日  改訂02
                       平成15(2003)年5月17日  改訂
                       平成14(2002)年1月 1日  制定・実施

1.分科会に該当する活動は、会則第5条2項に示される定期的・不定期的・単発的事業・活
   動である。

2.分科会の設置は、複数の会員有志(分科会発起人と呼称する)が分科会設置計画(様式D1)を
   運営委員会へ提出し、その承認を得て進められる。

3.承認を得たら、分科会発起人は直ちに実行委員会を編成し、1ヶ月以内に分科会活動を開
   始する。分科会発起人は原則として全員実行委員会メンバーに移行する。

4.実行委員会には代表及び必要に応じて副代表、会計などの役員をおく。

5.“わ”の会会報およびホームページを通じて全会員に分科会活動を知ってもらうために、
   各分科会は会報編集委員およびホームページ委員を各1名おく。運営委員の広報担当委員
   とこれら分科会の委員により会報編集委員会およびホームページ委員会を設置する(会則第
   6条に示す)。

6.代表は、実行委員会組織及び分科会会員名簿を改訂の都度、運営委員会へ提出する。

7.分科会参加者(分科会会員)は原則として“わ”の会会員とする。ただし、ビジター会員は
   分科会設置計画書承認範囲により、認められる。

8.代表は、分科会活動開催後1週間以内に分科会実施報告を運営委員会へ行う。書式は定め
  ないが、報告内容は、実施日、実施内容、参加者数、次回予定および特記事項とする。また
  代表は、必要に応じて運営委員会に出席し、活動状況を報告する。

9.分科会活動を終結する場合は、運営委員会へ報告する。書式は定めないが、提出期限は分
  科会終了後、1ヶ月以内とする。

10.分科会活動に必要な費用調達は、その分科会が独自に行う。運営委員会への会計報告義務
   は無い。独立採算を原則とする。

11.全会員に分科会活動成果を報告会、報告書などの形で知ってもらうことは有意義である。
   その場合、特別に費用を要する場合は、必要経費の一部もしくは全額を会費から助成する
   ことが出来る。申請書は特に書式を定めないが、助成対象内容、金額、時期など審議に必
   要な事項を記し、運営委員会へ提出する。運営委員会はその申請内容を審議し、判定する。
   運営委員会は次期総会において報告する。
一覧へ戻る