一覧へ戻る


会  則

掲載:2021.4.4




                        平成26(2014)年5月10日  改訂05
                        平成21(2009)年5月16日  改訂04
                        平成17(2005)年5月14日  改訂03
                        平成16(2004)年5月15日  改訂02
                        平成15(2003)年5月17日  改訂
                        平成14(2002)年1月 1日  制定・実施
       
第1条(目的) 「金沢の歴史」を学ぶ事を軸として、豊かな生きがい作りを推進する。

第2条(名称) 「金沢区生涯学習“わ”の会」を正式名称とし、「“わ”の会」と略称する。“わ”
    とは、平和・和気あいあいの“和”、お話・会話・対話の“話”、人間と人間を繋ぐ“輪”、
    古い時代に中国などが日本国を呼称した“倭”、そして感動詞としての“わっ!”などを
    象徴的に一文字で表現するものであり、本会の性格を端的に示す一文字である。

第3条(連絡先) 代表及び副代表の住所とする。

第4条(会員及び会員募集) 会員は、会の目的に賛同する者で、年間会費を支払うことにより
    1年間の会員資格を得る。翌年度も会員継続を希望すれば、年間会費納入により優先
    的に会員資格を得る。会員定数は100名程度とする。ただしビジター会員も認める。
    会員募集は補充が必要な場合のみ、毎年3月頃に行う。会員は、住所、氏名、生年月日、
    電話番号、FAX番号、メールアドレスを申告する。会員には氏名及び住所を記載した名
    簿を配布する。会員は本情報の守秘義務を有する。

第5条(活動) 基幹講座と分科会を活動の骨子とする。

  1.講座「金沢の歴史を学ぶ」「基幹講座」として年度計画し実施する。

   ・学習内容は、「金沢の歴史」について学びたい人を対象とする内容で、講演と探訪で構
    成する。

   ・学習会回数は、5月から11月迄、月1回計7回を基本とする。

   ・学習テーマは、時代的には古代から現代迄の全時代、分野的には社会・経済・芸術・
    文化・産業・政治などいろいろな視点、地域的には、「金沢」地域内及び「金沢」に関連
    した他地域を含み全世界、それらを対象に時代背景をも考慮して選択する。
      尚、全7回は必ずしも1回毎に完結するテーマとは限らずテーマの広さ・複雑さに
    よっては、最大3回を限度として同一テーマで講座を開催することも可能とする。

  2.基幹講座を補う上から、基幹講座の他に複数の定期的・不定期的・単発的「事業・行
    事」を計画し実施する。この「事業・行事」を「分科会」と総称する。

     分科会に該当するのは、次の場合である。

   ・基幹講座で学習した内容もしくは関連した内容を、さらに詳細に学習したい場合

   ・基幹講座の学習成果を、まちづくり等の実践的活動に発展させたい場合

   ・基幹講座へ採用することが難しいテーマについて学習を進めたい場合

    なお基幹講座に直接的に関連の無いテーマについても、それが豊かな生きがい作りに
    貢献する効果が大きいと判断される場合は、分科会として認めることもある。

     分科会設立提案・運営等については“わ”の会分科会運営規則に示す。

第6条(組織と運営) 会には次の組織を置き運営する。

   ・総会:会員参加により年1回5月に開催し、会の目的達成に必要な重要事項を審議し
    決定する、最高意思決定機関である。なお運営委員会が必要と認めた場合は、基幹講
    座の学習会当日を利用して、臨時に総会を開催することができる。

   ・運営委員会:代表、副代表を含む運営委員で構成し、基幹講座の企画・実施を主に会
    運営全般事項を企画・実施する、最高執行機関である。

   ・会報編集委員会:会報の編集を行う。運営委員の内、広報担当委員と、主として分科
    会活動会員から数名を募集して委員会を構成する。会報編集を企画し、運営委員会に
    諮問し承認を得て会報を発行する。運営委員会管下にある。

   ・事典編集委員会:「新版かねざわの歴史事典」(事典と略称)の継続的な充実・発展
    を図る活動を行う。代表、副代表を含む運営委員と会員の有志で委員会を構成する。
    事典の継続的な充実・発展の長期的な展望のもとで、次期の改訂を企画し、運営委
    員会に諮問し承認を得て実行する。運営委員会管下にある。

   ・ホームページ委員会:ホームページの運営を行う。運営委員の内、広報担当委員と、
    主として分科会活動会員から数名を募集して委員会を構成する。ホームページの維
    持・運用を企画し、運営委員会に諮問し承認を得てホームページの運営を行う。運営
    委員会管下にある。

   ・実行委員会:分科会毎に設置し、その企画・実施を行う機関で、運営委員会管下にあ
    る。

第7条(役員) 会には、会員の中から選ばれた次の役員を置く。

    代   表    1名
    副 代 表    1〜2名
     副代表は代表に事故があるときはその任務を代行する。
    運営委員   10数名(最大20名を原則とする)

     運営委員は会計、記録、広報、庶務、受付などを分担する。
     代表、副代表を含む運営委員全員は基幹講座の月別学習係を分担する。

    会計監査人   3名以内

第8条(役員選出及び任期) 役員は総会で会員互選により選出する。任期は1期2年とする。
        ただし再任を妨げない。代表、副代表は運営委員の互選により選出する。ただし代表
    の任期は1期2年とし、再任は1期とする。

第9条(会費) 年間会費を3,000円とする。ただし探訪時の交通費、食費、入場料、講演・
    探訪時に必要な配布資料のうち特別に費用がかさむ物などは都度徴収する。翌年度も
    会員を継続する場合は、当年度最終学習会開催日に翌年度会費を徴収する。なお当日
    欠席する者は別途徴収日を定める。年度途中入会者の場合は当該年度年間会費全額を
    徴収する。一旦納入された会費は原則として返却しない。ビジター会員の会費は1回
    500円とし、徴収をもって受講を許可する。

第10条(会費の使途) 会費は、主として基幹講座の企画・運営に供する。

第11条(会計年度) 会計期間は4月1日から翌年3月31日迄の1年間とし、会計監査人の監査
    を受けて、総会へ報告する。

第12条(会則の改廃) 総会で行う。賛否を問う事項は、出席会員の多数決をもって決定する。

第13条(実施) この会則は平成14年(2002年)1月1日より実施する。

第14条(退会の勧告) 会の目的、公序良俗に著しく反する行為、または会員の個人情報を正当
    な理由無く開示する行為などを行い、他の会員に迷惑をかけ、あるいはかけるおそれ
    のある会員に対して、運営委員会は退会を勧告する。本条適用による退会者は今後3
    年間の本会員及びビジター会員応募の資格を失う。

第15条(顧問) 必要に応じて、顧問を置くことができる。顧問規定に定める。

第16条(規則・規定の制定・改廃) 会則の下位則である規則の制定・改廃は運営委員会が行う。
    実施の細則である規定の制定・改廃は該当の委員会が行う。
一覧へ戻る