29年度秀句へ  分科会TOPへ

掲載:2018.6.8

(2018年度)

 毎月の句会で生まれた秀句です

                  ☆北野 一清 選
【金沢区民俳句大会】 2018年6月

   天賞  龍華寺のぼけの封じや薄暑光   國 眼
   地賞  終りなき日々のくらしや走り茄子   他会員
   人賞  ベンツよりひょいと降り立つ祭足袋   他会員

      特選  新しき古き銀座よ夏帽子     他会員
 梅雨まぢか特攻の従兄恋もせで     重 九
 更衣終へ約束の称名寺     他会員
 老いたれど隠居となれず冷奴     とも女
 枇杷たわわ朝日夕陽の雫かな     和 女
【第121回】H30年7月

   天賞  洛中に長刀鉾の辻回し   二 祥
   地賞  弾かれないピアノに届く祭笛   十 九
   人賞  鉾の粽吊るす町家に祈りあり    和 女

 
      特選   谷崎忌着流しくぐる蕎麦暖簾      三 旦
  佐千夫忌に矢切の渡し訪ねけり      一 幸
  偕老やけんかの果の夏の月      重 九
  新妻の日傘差したる手のまぶし      春 駒
  夜もしらみ富士山頂の御来光      勝 美
  あめんぼう変調自在の譜面かな      勇 平
【第122回】H30年8月

   天賞  流星の天にこぼるる草枕   和 女
   地賞  絵灯籠巫女ら火入れの八幡宮   あきえ
   人賞  願いごと言い終えぬ間に星流る    春 駒

 
      特選   縄文の光そのまま星の河      十 九
  シャガールの羊にのって星月夜      三 洋
  コンサート余韻仄かに星月夜      祥 代
  輪唱の指揮棒振りし法師蝉      國 眼
  並べらるやさし瞳の初さんま      勇 平
  赤とんぼみちのくの旅あないせり      勝 美
【第123回】H30年9月

   天賞  営みの火は刹那なり大銀河   和 女
   地賞  阿字ヶ池覗き見をする新松子   一 馬
   人賞  あさまだき夜行列車の銀河濃し    勝 美

 
      特選   宵闇に響きし汽笛「銀河」果つ      春 駒
  億光年先の銀河へ宅配す      勇 平
  鏑矢が銀杏紅葉を射抜きけり      三 旦
  酔芙蓉朝昼夕と色直し      重 九
  天高し筆跡を追ふ書道展      一 梲



        
2018年度予定と実績へ