2020年度秀句へ  分科会TOPへ

掲載:2021.7.1

(2021年度)

 毎月の句会で生まれた秀句です

                  
【148回浮雲俳句会】 2021年6月

      特選  路地奥の軒向き合ふて吊忍     二 祥
 かたつむり不要不急の旅にでる     勇 平
 山門に入れば浄土や時鳥     重 九
 蚊遣焚く煙の中に父の影     とも女
 七十路の独り居飾る古簾     ニ 幸
 万緑に浸り自粛の身をほぐす     十 九
 暮れ泥む古道の四葩風青し     とも女
【149回浮雲俳句会】 2021年7月

      特選  朽ちかけし苔の札所や蝉しぐれ     二 祥
 昼寝覚少女は老女に戻りけり     とも女
 涼しさや真一文字の飛行雲     十 九
 さわさわと葉音水音川床料理     二 祥
 二藍の浴衣美人や色溢る     重 九
 打ち水に濡れた敷石下駄の音     三 洋
【150回浮雲俳句会】 2021年8月

      特選  閉ぢられぬ傘の危ふさ原爆忌    十 九
 老いらくの夢さまよへる秋野原    十 九
 野の風を葉陰にとどめ葛の花    和 女
 老いも末明日の夢追ふ万年青の実    重 九
 赤蜻蛉遊ぶ園児の輪の中へ    とも女
 亡き母に尋ねてばかり盆支度    春 駒
 日と風の織りなす芒銀ひといろ    祥 代
 白木槿今日の一日を全うす    あきえ
【151回浮雲俳句会】 2021年9月

      特選  秋耕の鍬の捌きや老い自慢      一 梲
 天国に余席をさがす秋の暮      勇 平
 日の斑ゆれ人生の午後秋の蝉      春 駒
 点滅の淡き未練や秋蛍      十 九
 尺八の首の奏法萩こぼる      勇 平
【152回浮雲俳句会】 2021年10月

      特選  弓なりの浜に秋浪無言なり      あきえ
 秋濤の光ひと筋玻璃を撒く      和 女
 行く秋を惜しむ回転木馬かな      勇 平
 選挙して秋吟行へ急ぎけり      十 九
 小鳥来る島の楽園疑はず      とも女


2021年度予定と実績へ