2021年度秀句へ  分科会TOPへ

掲載:2022.6.29

(2022年度)

 毎月の句会で生まれた秀句です

                  
【160回浮雲俳句会】 2022年6月

      特選  難問の解けたる朝の立葵     勇 平
 逞しき蟻は静かに列をなす     祥 代
 鍵盤に着地乱れて蠅とまる     勇 平
 口笛に老鶯いくども応へけり     真 青
 十薬や怪しく闇に浮かびをり     重 九
【161回浮雲俳句会】 2022年7月

      特選  大蜘蛛の八脚支点力満つ     あきえ
 打ち水に浄土生まるる石畳     十 九
 一輪車影引く砂場晩夏光     あきえ
 土用波見つむる漁師深き皺     三 旦
 滝雲の静寂に座る夏の朝     真 青
 夕顔や一夜の妍を誰手折らむ     重 九
 月下美人甘き吐息に酔ふ一夜     とも女
 凌霄の陽色に染まる露地静か     和 女
 夏蝶のさらはれてゆく風の跡     和 女


2022年度予定と実績へ