2023年度秀句へ  分科会TOPへ

掲載:2024.5.31

(2024年度)

 毎月の句会で生まれた秀句です

【182回浮雲俳句会】  2024年4月

      特選  山々の樹冠に淡き花の雲      和 女
 鳴き砂を踏む音軽き春の海      和 女
 鶯や野島一島ふるはせて      とも女
 永き日や三分間の砂時計      二 祥
 野島浦浮世絵のごと浅蜊舟      重 九
 大和から令和咲きつぐ根尾桜      重 九
【183回浮雲俳句会】  2024年5月

      特選   
 (九年前の5月大患す)  
 濃き海霧(じり)に引き込まれゆく小舟かな   重 九
  
 罅割れの能登千枚田代掻きて   祥 代
 一望の代田に一羽鷺の舞ふ   あきえ
 老鶯や渓流釣りの生き字引   えいこ
 無住寺の闇十薬のほの明かり   十 九


2023年度予定と実績へ