2017年度へ  “わ”の会Topへ


2018(平成30)年度学習会の予定および実績

掲載:2018.2.27


 
No 日時・場所 講  師 テ ー マ 内    容 参加者
5月12日(土)
 9:30~12:30
 能見台地区センター
 運営委員会 (9:30~)
 “わ”の会定期総会
総会資料に基づく報告、提案、審議、承認 100名
“わ”の会
   会員
真田 雅行 氏
(11:00~)
 朝比(夷)奈切通しと峠村と 六浦道周辺
金沢~鎌倉道は幕府成立後の軍事戦略と鎌倉人口急増に
伴い、人の往来や外港としての六浦湊利用による物資運
搬と塩等の交易活発化、更には風光明媚な金沢観光のル
ートとして、政治、経済、文化上重要な役割を担ってい
た。今回その過去の繁栄を辿りつつ、その歴史を振り返
100名
6月9日(土)
 13:30~16:30
 横浜市立大学
カメリアホール
1.県立金沢文庫
学芸課長
向坂 卓也 氏
2.横浜開港資料館
副館長
斉藤 司 氏
 
20周年記念講演会(2部構成)
1.金沢今昔
 ~金沢地域の歴史と地形の変遷~

2.近世金沢の地域性
    
1.現在横浜市金沢区となっている地域には、4000年以
上前から人が住んでいたことが知られています。歴史の
流れに沿いながら、現在進行形で変化している金沢地域
の地形の変遷について基本的な事をお話します

2.中世以来の系譜を引き町場、名所金沢八景の所在地
、武州金沢藩の陣屋町等々、多様な性格を持つ、江戸時
代における金沢区域の地域的特色について、整理・概観
する
150名
  7月14日(土)
 9:30~12:00
 能見台地区センター
慶応義塾大学付属研究所
 斯道文庫
  准教授
高橋 悠介 氏
 
中世神道
     
日本の神と仏の性格はどう違っていて、どう関係してき
たのか。僧侶が生み出した中世神道説の展開や、習合的
な性格の強い中世の神々を通して、この問題を考える
74名
8月4日(土)(予定)
 (9:30~12:00)
 県立金沢文庫
県立金沢文庫学芸員
貫井 裕恵氏  
【訪問講座】
安達一族
 ~鎌倉幕府と真言密教~   
金沢文庫の展示内容に合わせた 講演と展示見学 68名
9月8日(土)
 13:30~16:30
 金沢地区センター
立教大学 文学部
 兼任講師
谷口 雄太 氏
 結城合戦から享徳の乱 永享の乱後、結城合戦を経て鎌倉府は復活した。しかし
、公方管領の対立はやまず、享徳の乱が勃発する。応仁
の乱に先駆けて戦国時代へ突入していた関東の歴史を学
79名
10月12日(金)
 集合場所:朝比奈バス停
 集合時間:9:30

探訪実行委員会
 
【探 訪】
 六浦地区を訪ねて
第1回学習会で講演いただいた六浦地区の探訪です。

朝比奈切通し→熊野神社→金井家門→上総介の塔→
鼻欠け地蔵→宝樹院(昼食)→諏訪神社(川地区) →
光傳寺(講話)→上行寺→上行寺東やぐら群遺跡→
米倉家墓→米倉陣屋跡→金龍禅院と九覧亭
51名
11月10日(土)
 13:30~16:30
 能見台地区センター
国際日本文化研究センター
  助教 
呉座 勇一 氏
 応仁の乱
室町後期、諸大名が東西両軍に分かれ京都市街を主戦場
として11年に及んだ泥沼の戦いの勝者は誰なのか、いか
なる原因で勃発し、どう終結に至ったのか。興福寺2僧
の日記を史料の中心に乱が日本社会に残したものは何だ
ったかを論ずる
91名




公開歴史講座

No 日時・場所 講  師 テ ー マ 内    容 参加者
2019年2月9日(土)
 9:30~12:00
 能見台地区センター
野口英世よこはま顕彰会
 理事長 田中 常義 氏
金沢地先の埋立と旧長浜検疫所・横浜港 金沢海岸に立地した旧長浜検疫所(横浜検疫所検疫資料館
「旧一号停留所」は、国の有形文化財に登録)の検疫艇泊
地が野鳥観察の汽水池となった経緯、旧海岸沿いの公園・
緑地からみた埋立や横浜港との関わりなどについて紹介し
ます
  名


2017年度へ  “わ”の会Topへ